がんばっぺいわき・いわき復興支援・観光案内所

ニュース

平成29年10月から12月までのスタディツアーが決定しました。
多数のご参加をお待ちしております。

特別編久之浜/いわきの紅葉コース
地震・津波・火災による甚大な被害を受け、さらに原発事故の影響により一時的な避難を余儀なくされた久之浜地区の現状を視察します。また、特別編として、いわきの紅葉の名所「夏井川渓谷/背戸峨廊」の散策と、いわきが生んだ詩人「草野心平」の記念文学館を巡るコースです(久之浜地区で震災語り部さんのお話と交流を予定)
・・・11月18日(土)

双葉/久之浜コース(原発事故被災地域の視察)
平成29年4月に避難指示区域の一部が解除された双葉郡富岡町の現状と、津波により甚大な被害を受けたいわき市北部の久之浜地区の現状を視察します(久之浜・大久ふれあい館で震災語り部さんのお話と交流を予定)
・・・10月7日(土)、11月4日(土)、12月2日(土)、12月16日(土)

常磐炭鉱の歴史/薄磯コース
かつて東日本最大と言われた常磐炭鉱は、石油革命に伴う石炭産業の衰退により、昭和46年に閉鎖となりました。常磐炭鉱の産業遺産を巡り、いわきの産業の歴史を学びます(みろく沢炭鉱資料館と常磐炭鉱でいわきヘリテージツーリズム協会による講話、薄磯地区で震災語り部さんのお話と交流を予定)
・・・10月14日(土)、11月11日(土)、12月9日(土)

いわきの漁業/農業コース
福島県及びいわき市では、原発事故の影響による風評を払拭するため、米や魚、野菜等の出荷前検査を実施し、検査結果を国内外に情報発信しています。検査場などを視察し、食物の安全性を確保するための取組みを学びます(久之浜地区で震災語り部さんのお話と交流を予定)
・・・10月21日(土)

薄磯/田人/四時コース
平成23年3月11日に発生した東日本大震災の本震により、いわき市沿岸部は地震と津波による甚大な被害を受けました。一か月後の4月11日に発生した余震では、市の内陸部が大きな被害を受けました。沿岸部と内陸部の被災箇所を巡り、災害時の対処方法などを学びます(薄磯地区で震災語り部さんのお話と交流を予定)
・・・10月28日(土)

いわきの漁業/薄磯コース
原発事故に起因する水産物の検査状況や漁業の現状を視察し、食物の安全性を確保するための取組みを学びます。また、災害公営住宅を訪問し、災害時の防犯対策などを学びます(薄磯地区で震災語り部さんのお話と交流を予定)
・・・11月25日(土)

参加費はお一人様2,000円となります。
※詳細は添付パンフレットをご覧ください。

スタディツアーパンフレットPDFをダウンロードする

※お申し込みはホームページ・ファックス・お電話でお願いいたします。