時間短縮間違いなし!洗ったあと洗濯物の干し方ちょっとしたコツ3選!

洗濯

お母さんの毎日の日課になってる洗濯と物干し!

時間と手間がかかるから面倒ですね。

そこでこの記事では洗濯物の干し方の時短術を3つご紹介します。

これで干したりたたんだりしていた時間がほかにまわせること間違いなし!

ぜひ試してください。

生乾き臭やシワを抑えて効率的に洗濯をする方法

テクニック①Tシャツって干すだけだとピンとシワを伸ばしして干しても、入れる時にシワシワになってて、アイロンかけないといけないことありませんか?

ショップ店員さんに教えてもらった方法なんですが、洗濯機から出した時にTシャツを広げて、手でアイロンのようにしてシワを伸ばしてから干すと、乾いた後のシワシワ度が違うんです!

少し手間のように感じるかもですが、この一手間を加えることで後々楽になります。

テクニック② 部屋干しすると臭くなる洗濯物ってありますよね。

生乾き臭と呼ばれるものです。

実はあれって洗濯物についてしまっている菌が増殖するのが原因なんですが、その菌は煮沸すると死んで臭わなくなるんです。

生乾き臭がするからと、また晴れた日に干すより、一度煮沸した方が臭いもしなくなるのでおすすめです。

テクニック③ 洗濯物を洗濯機から取り出す時に、干す物(ハンガーの種類)ごとに分類して裏返すものは裏返しておくと、あとはハンガー等にかけて干すだけになるのでストレスなく干すことができ効率的です。

たたんでパンパン干しで、ランチョンマットのアイロンいたしません

私が普段の洗濯でしている幼稚園&小学校のランチョンマットをアイロンがけから解放する時短術を紹介します。

とにかくアイロンがけが嫌で嫌で、祖母に相談したら教えてくれた秘策(大げさ)です。ハンカチや布巾などにも有効ですよ。

やり方は簡単。給食用のランチョンマットなどを濡れた状態で畳みます。

そしてパンパン!叩いて畳んだままランチョンマットを干すと、しわも伸びて、折り目もきちんとついた状態で乾きます。

乾きにくそうだし生乾きが心配?気にしません!

太陽の力を信じましょう(笑)というか、10年以上この方法でハンカチを干していますが、生乾き臭が気になって捨てたことはないです。

息子の裏地付き幼稚園ランチチョンマットも3年間耐えました。(勿論室内干しの時もこの方法です)

これ、もう一ついいところが、取り込んだ後にたたまなくていい!という事。(洗濯ものたたむのも本当に面倒で…)

その場で給食袋にたたんであるランチョンマットを突っ込んで、引き出しにホイ!と投げて完了です。

我が家では美しく収納してもお気に入りを探す子供たちにまさぐられ、幼稚園&学用品グッズ引き出しの中は、常にぐちゃぐちゃになるので諦めました。

これも一歩を削減する時短術です。

投げるかどうかはお任せします。

冬はあえて室内干しで早乾きと冬の大敵乾燥対策の一石二鳥

冬は天気がいい日にお外に干しても気温のせいかなかなか洗濯物が乾きません。

だから私は冬は暖房の効いた温かい部屋にあえて室内干しにすることにしています。

暖房の効いた部屋だと空気が乾燥していてる上に暖房の温かい風によって衣服の水分がよりいっそう早く蒸発させることができます。

そうすると洗濯物もいつも以上に早く乾かすことができます。

そして真冬になると毎回洗濯物を取り込むためにベランダから外へ出ないといけないので私にはそれが洗濯物が億劫になる原因の一つでもありました。

それに冬の冷え切った空気のせいで洗濯物がキンキンに冷えていて触って確認してもちゃんと洗濯物が乾いているのかがわかりにくくてとりあえず取り込んでみたらまだ乾ききってなくて。

また干しなおすなんてこともありましたが、初めから室内に干していれば寒い外にでる必要もないしまた干しなおすなんてこともありません。

さらに冬の悩みのひとつである空気の乾燥も室内干しによって洗濯物の水分が部屋に行き届くので部屋の加湿もされ一石二鳥です。

まとめ

3つのコツを試してみた方は干すのが楽になってかなり捗ったはずです!

まだの方はぜひ明日から3つの方法、どれでもいいので1つ試してください。

  • 生乾き臭やシワを抑えて効率的に洗濯をする方法
  • たたんでパンパン干しで、ランチョンマットのアイロンいたしません
  • 冬はあえて室内干しで早乾きと冬の大敵乾燥対策の一石二鳥

ちょっとでも洗濯のめんどうがなくなれば、心に少し余裕ができて生活もちょっとだけハッピーになりますよ。

コメント