仕事も家事もいそがしいお母さんのためのゴミ捨て時短テクニック、キッチンゴミはこれで楽々!

掃除

キッチンゴミは生活の中でいちばん出るゴミと言っても過言ではありません。

料理中だと手が汚れていてゴミ箱のフタを開けるのにいちいち手を洗ったり、臭いがしたりと色々な問題が出てくると思います。

私もずっとこの不便さに悩まされてきました。そこで私が今実践している方法をお教えします!

ビニール袋をぶら下げるだけ!ゴミ捨て直前まで使えるゴミ袋

用意するものはビニール袋のみです。

コンビニの袋でもゴミ袋として売っているものでもなんでも良いです。

そこまで大きいものではなくて大丈夫です。

自分的にゴミを捨てるタイミングが多い場所にS字フック等を付けそこにビニール袋をぶら下げるだけです。

私はシンクの後ろ側(振り返ったらすぐ捨てられるところ)に設置しています。

例えば中身を取り出したあとの袋や納豆の入れ物等なんでもそこに捨てています。

臭いが気になるなという時にはコーヒーのカスもそこに捨ててしまいます。

コーヒー豆には臭いを抑えてくれる作用があり、ゴミも捨てることができて一石二鳥です。

ゴミを捨てる時はビニール袋の持ち手を結んで捨てるだけでOKです。

ギリギリまで使えて手間も省けるのでとってもオススメです。

ゴミ箱の数を減らして三角コーナーは置かず、ついでに掃除することを心がける

ゴミ箱が多いとまとめるのも大変なのでゴミ箱はたくさん置かないようにすることが大切です。

見た目が気にならないのであれば、ゴミ箱を設置することをやめてゴミ袋を置いておくのも良いです。

三角コーナーは置いておくと邪魔になったり汚れでベタついてくるので、三角コーナー自体を洗わなくてはならず手間になってしまうので三角コーナーは置かず、スーパーの小さめの袋などで代用すると無駄な作業を一つ減らすことができます。

まとめて掃除しようと考えても億劫になってしまったり、なかなかまとめて掃除する時間は取ることができないので、日々の生活を送る中でついでに掃除するようにしましょう。

部屋から出たところにクイックルワイパーなどを置いておき移動するときに使うと、わざわざ掃除しなくてもついでに綺麗にすることができます。

スリッパの裏面が埃取りになっているものを使うなど、普段使っているアイテムを変更するだけでも掃除の自担に繋がります。

掃除は「◯◯?のついで」にやるのが一番!効率的!

掃除は「◯◯?のついで」にやるのが一番! 掃除は、する時間を決めてしまうとなかなか めんどくさくて体が動きません。

掃除を始めてしまえば、なんてことはないのですが「やる前」までの 行動に移すのがなかなか大変です。

「あ?やらなきゃ」と考えているうちに時間が経ってしまって 結局やらずに終わってしまうことは今までよくありました。

そんな私ですが、最近は「◯◯?のついでに」掃除をします。 例えば、「トイレを済ませたついでにトイレ掃除をする」とか 「洗濯機のゴミの回収のついでに手洗い場の掃除をする」です。

(ちなみに我が家は洗濯機の隣に手洗い場があります。)

思いつきでやっちゃうと、勢いでやってしまうから余計な 気持ちは出てきません。

終わった時は「私ついでにやっちゃうなんてえらいな?」なんて 自分で褒めたりして。主婦は褒められませんので自分で褒めます(笑)

話は逸れましたが、「〇〇?のついで」に掃除をすると、 余計なプレッシャーな味わうことなく いられるのはノンストレスでいられますし、時間を効率的に 使っているとも言えます。

まとめ

これでゴミ捨てや掃除がすぐに終わらせることができますね。

あらためておさらいをすると

  • ビニール袋をぶら下げるだけ!ゴミ捨て直前まで使えるゴミ袋
  • ゴミ箱の数を減らして三角コーナーは置かず、ついでに掃除することを心がける
  • 掃除は「◯◯?のついで」にやるのが一番!効率的!

ぜひできた時間で家族と過ごす時間を増やしたり、自分のやりたいことに時間を使ってください!

コメント