がんばっぺいわき・いわき復興支援・観光案内所

トップページ › スタディツアーのご案内

スタディツアーのご案内

被災地の現状、震災体験や教訓をお伝えすることにより
防災・減災について考える機会を提供しています。

平成30年10月~12月のスタディツアーが決定しました。
多数のご参加をお待ちしております。

●双葉地区/久之浜地区コース(原発事故被災地域の視察)

10月11日(木)、10月13日(土)、11月1日(木)、
11月29日(木)、12月1日(土)、12月22日(土)[いずれも日帰り]

ツアー内容*平成29年4月に避難指示区域の一部が解除された双葉郡富岡町と、特定廃棄物埋立情報館「リプルンふくしま」を視察します。
*平成30年7月再オープンした「新生Jヴィレッジ」の施設見学を行います。
*地震・津波・火災・原発事故による全町民避難を経験した久之浜地区を視察します。
(久之浜・大久ふれあい館で震災語り部さんのお話と交流を予定)

●いわきの漁業/薄磯地区コース

10月6日(土)、11月24日(土)、12月15日(土)[いずれも日帰り]

ツアー内容*福島県及びいわき市では、原発事故の影響による風評を払拭するため、魚や米、野菜等の出荷前検査を実施し、検査結果を国内外に情報発信しています。小名浜魚市場において、水産物の検査状況や漁業の現状を視察し、食物の安全性を確保するための仕組みを学びます。
*いわき市で最大の津波被害を受けた薄磯・豊間地区を視察し、震災当時のリアルな話を聞いたり復興状況を学んだりします。
*いわき市の「復興のシンボル」として防災モールの機能も担う「イオンモールいわき小名浜」が6月15日オープンしました。
(薄磯地区で震災語り部さんのお話と交流を予定)

●いわきFC/ワンダーファーム/久之浜地区コース

10月20日(土)、11月17日(土)、12月8日(土)[いずれも日帰り]

ツアー内容*2012年に設立し急成長中の「いわきFC」のホームグラウンドであるいわきFCパークを見学します。個性豊かなお店が入るクラブハウスと人工芝グラウンドがあります。
*温暖で日照時間が長いいわき市の「ワンダーファーム」では、最新の植物工場で小玉~大玉の多品種のトマトを栽培し、加工、販売しています。
*地震・津波・火災・原発事故による全町民避難を経験した久之浜地区の視察をします。
(久之浜・大久ふれあい館で震災語り部さんのお話と交流を予定)

特別編1●いわきの農業/久之浜地区コース

10月27日(土)[日帰り]

ツアー内容*風評被害対策として米の全量全袋検査を実施している「四倉カントリーエレベーター」を視察します。
*温暖で日照時間が長いいわき市では、最新の植物工場で小玉~大玉の多品種のトマトを栽培し、加工、販売しています。新鮮なトマトを使ったランチバイキングもあります。
*地震・津波・火災・原発事故による全町民避難を経験した久之浜地区を視察します。
(久之浜・大久ふれあい館で震災語り部さんのお話と交流を予定)

特別編2●白水阿弥陀堂の紅葉/みろく沢/薄磯地区コース

11月10日(土)、11月14日(水)[いずれも日帰り]

ツアー内容*かつて東日本最大と言われた常磐炭鉱の歴史が残る資料館と、平安時代に建立された福島県内唯一の国宝建造物である白水阿弥陀堂を巡り、いわきの歴史を学ぶコースです。11月上旬~下旬、国宝 白水阿弥陀堂では色鮮やかな紅葉を楽しめます!浄土庭園の大銀杏の黄色と楓の赤のコントラストが美しく、御堂を飾ります。
*いわき市で最大の津波被害を受けた薄磯・豊間地区を視察し、震災当時のリアルな話を聞いたり復興状況を学んだりします。
*いわき市の「復興のシンボル」として防災モールの機能も担う「イオンモールいわき小名浜」が6月15日オープンしました。
(薄磯地区で震災語り部さんのお話と交流を予定)

参加費はお一人様2,000円となります。
※詳細は添付パンフレットをご覧ください。

スタディツアーパンフレットPDFをダウンロードする

今年度も皆様のご参加お待ちしております。

ページトップへ戻る